クロネコヤマト 引っ越し

私の引越し失敗談

 

私の引越し失敗談

 

引越しの経験は一度のみですが、ソファ以外は、全て自分達で行いました。

 

当時、今の旦那と同棲をしており、結婚を期に隣の市へ引っ越すこととなりました。

 

業者に任せるか、自分達で行うか、とても悩みましたが、お金もなかったため、レンタカーを借りて、自分たちで行うことにしました。

 

しかし、これが失敗だったと思います。

 

レンタカーは、ハイエースを借りました。

 

時間は4時間だったと思います。

 

新居がある隣の市までは車で往復1時間ほどで、荷物の積み下ろしを考えると、2往復が限界かなと思いました。

 

当日は曇りで、予報では、夜から雨でした。

 

3月末でしたので、気温は暑くもなく、寒くもなく、恵まれていました。

 

前日までには荷物をまとめ、持ち出せるだけの状態にしておきました。

 

当たり前ですが、これは正解だったと思います。

 

旦那が車を借りてきてくれて、荷物の詰め込みが始まりました。

 

ここで問題が発生。

 

2回が限界だと考えていたので、レンタカーでないと運べない大きいもの(冷蔵庫や机、テレビ台、洗濯機等)を先に詰め込むのですが、内階段なので、2人だと大変でした。

 

旦那が下から支え、私が上から支え。

 

下が見えないだけにとても怖かったのと、腰にきました。

 

案の定、2回しか運べなかったのですが、大きいものは全て運ぶことができました。

 

小さいものは、夜に旦那の車で運んだのですが、雨が降ってきてしまい、荷物が濡れてしまうという状況に。

 

新居にはエレベーターがついていたので助かりました。

 

台車もレンタルしておくと、とても役に立ちます。

 

尚、以前住んでいたアパートは3世帯しかなく、駐車場が狭かったため、ハイエースを入れてしまうと、他の住人が車を出し入れする際に迷惑になってしまったかなと思います。

 

対策としては、ハイエースに貼紙をしておき、車を出し入れする際に声をかけていただくようにしました。

 

今後、引越しをする機会があったら、業者に依頼しようと思いました。