クロネコヤマト 引っ越し

快適な引越しのために

 

快適な引越しのために

 

転勤族の我が家は、引越しの時、荷作りが楽になるように、バンカーズボックスを利用して普段から整理整頓しています。

 

衣替えをしてタンスから入れ替える時や、子供の作品や思い出の品などをバンカーズボックスに入れておくと、引越しの時、そのまま運んでもらえて便利です。

 

通販で服や家具を買ったときに入っていた大きい段ボールは、
捨てたりせず必ず取っておくようにしてます。

 

なるべく荷物を少なくするために、毎回衣替えの時には着ていない服はどんどん捨てたり、読まなくなった本や聴かなくなったCDは買い取りを利用して、少しでも引っ越し資金の足しにします。

 

運転免許証の住所変更さえしておけば、通帳などの住所変更も出来るので、住民票は1、2枚多めにもらっておいて、一番始めに運転免許証の住所変更をします。

 

WEBで一括見積すると、次々と電話がかかってくることになるので、あらかじめ評判などを調べて、見積もりをする業者を絞った方がいいと思います。

 

見積もりをするときは荷物を少なめに設定してしまうと、実際にかかる値段とギャップが大きくなってしまうので、多めに設定した方がいいと思います。

 

今までに何度か引越しを経験しましたが、必ず、なくなるものや、壊れてしまうものが出ます。

 

小さなもので大事なものは、きちんとわかるようにしておくこと、また、壊れそうなものは、業者の方に伝えておくのがよいと思います。

 

梱包もしていただく場合は、壊れてしまったものの相当額をいただくことがありますが、それでも、同じものがかえってくるわけではありません。

 

費用を抑えるということには成功したようでしたが、見積もりよりも荷物が多かったので、あとで大変なことになってしまいました。

 

(押入れにぎゅうぎゅうにつめて収納していたからのようでした)

 

引越し先は寒い地域だったため、春先でも雪が降ったりしていて、すぐにストーブが使えず、寒くて大変でした。