クロネコヤマト 引っ越し

転居先で困らないために

 

 

引っ越し前の準備は、計画的に早めにした方がいいです。

 

特に粗大ゴミは、ゴミの収集日が少ないので急いだ方がいいと思います。

 

逆に、新しく新調する家具や家電もたくさんあると思います。

 

間取りに合わせて置けるように長さや幅、高さをよく考えておくと理想的なインテリアの新居になります。

 

引っ越し後しばらくは、片付けの忙しさと疲れで料理や皿洗いが大変でした。

 

使い捨ての食器やレトルト食品など簡単に食べられる物を用意しておくと良いと思います。

 

引っ越し後も、ゴミが大量に出ることが考えられるので、引っ越し先の自治体指定の大きめのゴミ袋を準備するといいです。

 

余っても、その後いつでも使えるので、多量に購入しても大丈夫だと思います。


 

 

費用を抑えたいからと、自分で引越し作業をするよりもやはりプロの業者さんへ任せた方が、時間や労力をかけずに短時間で済ませられると思います。

 

また、本当に必要ものなのか?引越し前に仕訳しておいた方が絶対楽ですよ。

 

家具などのサイズも引越し先に合わない様なら処分しておいた方がいいし、水回り(洗濯機)の配置場所等も作りによっては、排水線の長さが足りなかったりする事もあります。

 

実際に私は初日そのせいで洗濯出来ませんでした…。

 

収納や大きな家具って、本当に引越し先で置き場所がなくて困ったりサイズが全然合わなくて処分するとなると余計に出費がかさみますからね。

 

それから、引越し前にはきちんと荷物の拭き掃除とかも済ませておいた方が後で楽ですよ。


 

 

スケジュールを綿密に立てて、また時間に余裕をもって行うほうがいいと感じた。

 

子供がいれば尚更。

 

引っ越し作業だけでなく食事や2、 3日後の生活の事まで考えてスケジュールを組めばスムーズに行くと思った。


 

 

自分で荷造りをする場合は、まずは洋服から手を付けるといいと思います。

 

1番最初にシーズンオフの洋服をまとめます。

 

次に、引越しの日まで着る洋服をコーディネートする。

 

これは、引越しの日までの洋服の量を最小限にするためです。

 

コディネートした以外の洋服を段ボールに移し荷造りを進める。

 

部屋中のデコレーションも、早くから荷造りに回せるアイテムの一つなので、早めに撤収してまとめる。

 

書籍や趣味の物など日用雑貨以外の品も早期に荷造りしておく。

 

タオル類も使う分だけ残して他は荷造りに回す。

 

私は引越しの当日に、緊急に物を詰め込むことのできる予備の箱を1つ、2つ残しておくといいと思います。

 

そこには引越し当日まで使っていた物が入ってるので、ラベルには「当日物」と書きます。